商品カテゴリ

店舗紹介

「三好の逸品」をご購入いただける店舗の紹介です!

  • 「三好の逸品」アンテナショップ
  • 「三好の逸品」協賛店
FAX注文用紙
  • 新着情報
  • 生産者の声
三好の地酒
  • ふるさと小包
QRコード
TOP > 生産者の声 > 藤の里工房さん

生産者の声 VOL.08 藤の里工房さん

地元の食材へのこだわりは、地元への愛着

いつも笑顔が絶えない作業場いつも笑顔が絶えない作業場

岡田正子さん岡田正子さん

地元のよもぎを用いた人気の団子地元のよもぎを用いた人気の団子


三好市山城町の名勝大歩危より更に奧、渓流に沿って藤の里工房はあります。ここでは近隣の主婦たちが集まり、地元の食材を用いた団子や佃煮などの製造を行っています。
藤の里工房代表の岡田正子さんにお話を伺いました。

Q:工房の成り立ちを教えて下さい。

 昭和50年頃には山城町に9つの生活改善グループがあったんですよ。生活改善グループは、地元農家の主婦の集まりなんです。近くに、大歩危・小歩危の観光地があるため、地元で作った土産品をそこで販売しようと、昭和60年頃に1グループ1品の特産品づくりを目標に頑張っとったんです。
 けどグループの高齢化が進み生産が落ち、せっかく商品化したのに、これではだめだと言うことで、そのうちの3つのグループのメンバーが集まって、平成12年に生活改善グループの加工部として今の工房を立ち上げたんよ。
 今は、主にお餅や団子、こんにゃくなどを三好市や美馬市の小売店に卸しているけど、遠くは奈良や大阪にも商品を送ってるんよ。

Q:商品の原材料を地元のものにこだわっているそうですね。

 なるべく三好市内や近いところで材料は仕入れて使っとるよ。生産者の顔がわかって安心するやろ。この山城町は昔から雑穀類の栽培が盛んだったんよ。それで、商品開発をする時に、お餅にこきびやたかきびを入れて地元のものを活かした昔ながらの味を出しとんよ。他には近くで採れた山蕗やぜんまい、わさびを使った商品もあるけど、標高の高いところで採ってきてるので、香りが高く味が良いと喜ばれてるんよ。あと、こんにゃくも昔ながらの作り方を守って、生芋から作って薪を焚いた灰を使って固めてるよ。どの商品も、保存料は全く使わないようにしてるんよ。

Q:お弁当も人気だそうですね。

 肉は全く使わず、吉野川のあめごや野菜、山菜を使った昔ながらの懐かしいお弁当なんだけどね。10名以上で、2、3日前に予約をしてもらえれば大丈夫だよ。県外の人が来る会議や法事などでも使ってもらって喜ばれているよ。

 藤の里工房の座敷にて、お弁当を頂くことも可能です。大歩危小歩危に訪れた際は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

詳細情報

■ 会社名 藤の里工房
■ 住 所 〒779-5452
徳島県三好市山城町上名1083-3
■ 電話番号 0883-84-2737

生産者の声一覧ページへ >>


ページの先頭へ戻る